So-net無料ブログ作成

7/22(水)「アラジン」観劇レポ。 [「アラジン」観劇レポ]

「アラジン」観劇においての(私にとっての)最難題は。

シークレットチャームの“魔法のランプ”を手に入れること!

確率5分の1。

祈りながらの1回め。(前回は混み合っていたのであきらめ)

 ↓

じゃーーん。

No.2= “魔法のランプ” でたー♪♪♪♪♪


私、ついてる。。

600円(税込)×5回=3,000円?いや場合によってはもっと出費がかさむかも(悲)、

と思っていたので良かった。

ボックスに手を入れて選ぶのですね。
触ればわかるのでは、、とか、実は見えるんじゃ、、
とか黒いことを考えていたけれど(注:実際にはいさぎよく選びますよ)、
ぜんぜんわからないようになってた。

これまでほとんどグッズ関係は購入したことがないのだけれど、

お気に入り作品の(大好き俳優さんが出演してる作品の)、

(デザインが気に入った)チャームだけは別。

これでまた一つ。

「アラジン」の“魔法のランプ”が加わりました。やたー。

DSC_1050-1.jpg



さて、

私、だいぶ出足が遅れているので今回で2回目の「アラジン」。

初、瀧山さんジーニーです。

瀧山さんのジーニーはそんなにオネエじゃないんですね(笑)。

正統派なジーニーな感じ?

初見のインパクトと、中2週間空けてのの2回目。
そして中の俳優さんへの思い入れ、、
公正で客観的な判断を下すのは難しい。
けれどあえてどっちが好きかを言うならば、
私は萩原さんジーニーが好きかな。
自由への憧れ、自由になれないとわかった時の切なさ。
ここら辺のお芝居が、ジーニーも普通の悩める青年みたいで好きでした。
あと、セリフとか全体的なお芝居の“間”も、
先に観たのが萩原さんだったからかもしれないけれどしっくりきた気が。

でも、

どちらも甲乙つけがたいステキなジーニーなのは間違いない。

とにかく瀧山さんのステキなところは、

いちばんはなんといっても「フェス」でも聴けた、

ホールニューワールドのラストの歌い上げ。

2階席で声の広がりをもっと感じたいぞーー!!

って思う圧倒的な歌声がほんと素晴らしい。

あんまり期間空けずの2回目なので、1回目より笑うことが少なかったし、

萩原さんジーニーと比べながら観てしまった私だけれど、

カテコの頃にはすっかり瀧山さんジーニーファンで、

ふだんカテコで一生懸命手を振るってことはあまりしないのだけど、

ジーニーに手を振り返してもらいたくて、

ジーニーに向かっていつになく一生懸命手を振ってしまった・・。
(正:西尾さん※がはけてから、、)

(こんなに手を振ったのは苫ちゃんグリンダ以来だ。。)

ジーニーは、お客さんの心を持ってくなーー。

これほど客席がキャストに対して歓声を上げる作品って無いんじゃない?

ジーニー役の俳優さんのファンの人はより観劇が楽しいだろね~。いいな~。



※今日は“鎖短い”のところで拍手が起こってた^^
 あの場面はやっぱりカシーム一番の見せ場だね。



[7月27日追記]
ヒルナンデスに西尾さん!!
リチー!!!(=ACLの踊りのお手本)

今度の公演でも観られたらいいのになーー。
西尾リチー観たいよ~~~。

共通テーマ:演劇