So-net無料ブログ作成
「アスペクツ オブ ラブ」観劇レポ ブログトップ

6/28(木)「AOL」観劇レポ。 [「アスペクツ オブ ラブ」観劇レポ]

初見です。

登場人物皆さん、自由で、とても心が寛大で、

面白いストーリーですね。

その寛大さ、ちょっと羨ましいぞ。。と思いながら楽しく観られました。

私は特にはローズに共感です。

ローズって嫌な女。。って聞いてたけど、

きっと私、嫌いに違いない。。と勝手に思ってたけど、

ぜんぜん。

→ 好きでした。


以下、ローズを好きと思ったところ。。

[位置情報]アレックスに惹かれるローズ。

・・・ローズ、かわいいじゃないか。。
そんなキラキラした目で若い男の子から猛アタックされたらね~。
(叔父さんの別荘で)無邪気に、冒険だ!なんて言われたらね~。
そりゃトキメクよ。羨ましいぞー!

(中井さんのアレックス、かわいかったです。
 佐渡さんローズ、恋してる感じで歌声がキラキラしていてステキでした。
 佐渡さんのこんな歌声初めて聴いた気がします。)


[位置情報]ジョージに惹かれるローズ。

・・・わかるわかる。しょうがない。。

(だって村さんジョージ、歌声がものすごくステキなんだもの。
 惚れちゃうよね~。落ち着きのある大人な男性っていいですよね~。)


[位置情報](ジョージが好きなのに)久々に再会したアレックスと一夜を共にするローズ。

・・・そういうこともあるかもしれない。。
ちょっと大人になって、ステキになったアレックス、
しかも変わらない想いでいてくれたらね。ふらふらっと。。


[位置情報]ジュリエッタと友達になれちゃうローズ。

・・・すばらしい!
普通はそこ、嫉妬で友達になんてなれないと思うんだよね。
ジュリエッタもジュリエッタで、なんて心が広いんだ!
でも二人ともジョージに対する愛、間違ってないか!?
なんでお互いを受け入れられるんだろ??
この人たち凄い。。(尊敬)

(はるちゃんと佐渡さんの歌のコラボは初めて聴きます。
 これがあまりに素晴らしいハーモニーで感激しました。
 過去に智恵さん×佐渡さん(アイーダ×アムネ)のハーモニーにも大感動したけれど、
 それに匹敵する素晴らしい聴き心地。[るんるん][ぴかぴか(新しい)]


[位置情報]破産したとわかっても、結婚を申し込むローズ。

・・・そんなにジョージのことを想っていたなんて、、
良い人(女性)じゃないか。。


[位置情報]でもパリに愛人?(都合のいい男)がいるローズ。。

・・・きっといい年に違いないのにモテモテですね。羨ましい。。

(ヒューゴの佐久間さん、声、荒川さんとソックリ。ビックリした・笑)


[位置情報]ジョージを失って、アレックスにすがりつくローズ。

・・・アレックスがローズの手を取ったとき、
それでこそアレックス!良くやった。と思ったのに、、、
(↑なんだかんだでローズのことが好きなのかと思ってた)
その後その手を振り払うなんて。
“!!アレックスー[むかっ(怒り)]
と私は心の中で叫びました。

(ここでの佐渡さんローズの歌良かったな~。涙がでそうになりました。)



[位置情報]でもマルセルがいるローズ。

・・・ずっとそばにいてくれる人いるじゃない。いいな。[黒ハート]

マルセルが良い役でしたね~。
最後の方のシーンで、マルセルがローズに歌いかける歌がとても良かったです。
ここ、好きな歌声の俳優さん、
これぞという俳優さんの歌声でぜひ聴きたい。。
(寺田さんに不満があるとかではないんだけど・・)

結論。

でも私は、ジュリエッタのように生きたい。。

孤独を恐れず、穏やかに、、広い心を持って。。。


以上、初見での感想でした。
何度か観たら、また違った感想になるかもですね。




その他好きだったところ。

[位置情報]曲は、アンサンブルのコーラスのあるナンバーがとても好きでした。
 縁日のところ?
 そして、久しぶりに聴いた白瀬さんの歌声がやっぱり大好きです。
 良い声で、上手い。[パンチ]
 また聴けて嬉しー♪♪


[位置情報]サーカスシーンの廣本さん。
 可憐なダンスに惚れ惚れでした。かっこい~~~。[ぴかぴか(新しい)]


[位置情報]弔いのダンスの激しさ。


[位置情報]そして弔いのダンスの洋一郎くん。
 ステキでしたね~。[かわいい]
 洋一郎くんファンだったら、この作品通ってしまうでしょうね。




☆オフステ参加してきました。

寺田さん(司会)、浜名さん、廣本さん、中井さん、佐和さん、洋くん、白瀬さん。

中井さんのイオンでのバイトの話とか、
洋一郎くんの准くんとのキャッツごっこの話とか、
たっぷりトークを聞けて楽しかったです。

レポはまた。



書きました。

[るんるん]浜名さん。

浜名さんは「スターライトエクスプレス」ロンドン公演?に出演。
という経歴があったのですね。
原宿の歩行者天国で、
ローラースケートのパフォーマンスをやっていたときに、
関係者の人から声がかかり、
ビデオを送って、出演することになったというお話をして下さいました。

(地方公演も多いので)恋人や家族と会えない時どうしてますか?
みたいな質問には、
北海道公演のときは、
月に2回くらいは帰るようにしていたんだとか。

ちなみに白瀬さんは、
会えなくても大丈夫なタイプらしいです。
でもメールは頻繁にするとのこと。


[るんるん]廣本さん

ワンショルダーの黒のドレス、しかもスカート丈短っ!
というセクシーな服で現れた廣本さん。おキレイでした。そして細いー。
中国名で呼ばれていましたが、
発音がよくわからなくて、、何さん??
この世界を目指したきっかけ。
(ダンスの勉強中?)中国で地方公演に行ったとき、
お客さんがとても喜んでくれて感動して下さったのがとても嬉しく、
親の反対を押し切って、
プロになろうと決心したのだそう。


[るんるん]中井さん

小さい頃から歌の仕事をしたかったのだそう。
高校生の時にバンドを組んだけれど、
中井さんは米米クラブとかをやりたかったのに、
ギターの人がロック派だったため、
Xジャパンの“紅”を歌うはめに。
(ちょこっとだけ歌ってくれました^^)
けっきょく1回限りで解散になったそうです。
それから、
イオンとかのショッピングモールの特設ステージで、
歌を歌うというバイトをしていたお話も。
ああいった場所では、
なかなかお客さんは耳を傾けてくれない。
どうしたら聴いてくれるのだろう?と悩んだ中井さんが考えたアイディアは、
→吹き抜けの最上階から歌い始める。
(曲目はアラジンのホールニューワールド)
お客さんが、なんだ?どこから歌ってるんだ?と探してる中。
エスカレーターで降りながら歌う。
そんなこともあったのだそうです^^

ローズのような自由奔放な女性はどうですか?
という質問には、
俳優という職業をしているので、
自分のことでせいいっぱいなので、
ローズのような女性はムリ。。
とのこと。

四季デビュー初日。
カーテンコールで転んだお話も。
その瞬間はスローモーションだったそうです。
見事に真横に倒れた(転んだ)中井さん。
で、
中井さんは右横の佐藤圭さんを(どうしようという気持ちで?)、
ちらっと見たけれど、
佐藤圭さんは何事もなかったように、
まっすぐ前を見たまま中井さんをまったく無視。
そこで中井さん、
ですよねーー。(と決心)。
すばやく立ち上がり、何事もなかったかのように振る舞ったのだとか。

ちなみに、北澤さんはマチソワで転んだことがあるそうで、
それに比べたら。。と慰めたのだそうです。(寺田さん談)

中井さんはひげが濃い。
朝剃っても、午後にはじょりじょり。
↑サーカスのシーンのお稽古のとき、
廣本さんの役がアレックスの顎をなでるような振りつけがあって、
その部分を指導していた敬二さんが中井さんの顎をなでたら
じょりっていったとか。

それからラウル稽古中。
(デビューまで7カ月くらいラウル稽古してたとか?)
よく名古屋へ通っていたそうですが、
その時の風貌がひげが生えてたりで、もっさりで、
ラウルなんだから・・(もうちょっと小奇麗に)。って言われてたらしいです。
(寺田さん談)

中井さんとファントムの大山さんは学生時代、同じ寮。
夜中に呼ばれて一晩中ゲーム。
なんてこともあったそうです。
舞台では敵対する役だけど、仲良しとのこと。
大山さんの方が(学年が?)1つ上なのだそう。



[るんるん]佐和さん

出演できて嬉しかった作品に、
“壁抜け”は詩を書くのにも関わったので特別な作品だとおっしゃってました。
あと、「SOM」でのシスターも嬉しかったそうです。
子供のころ、“すべての山へ登れ”にとても感動したので、、とのこと。

俳優になって嬉しかったこと。
家族ぐるみで四季のファンという方からのお手紙。
ご家族の1人が入院されて、
好きだったという壁抜けの佐和さんの歌うM嬢のマリアナンバーを聴かせたところ、
意識が戻ったというお手紙だったのだとか。



[るんるん]洋一郎くん

可憐なタップを披露してくれました♪

子供の頃、キャッツを観て、
准くんと2人で家でキャッツごっこをしていたっていう、
なんとも微笑ましいエピソードを教えてくれました。
ピアノのイスに1人が立ち、天上へ登る猫役。
もう1人は下から見上げて“のっぼっれっ♪ ”と歌う役。

洋くんの方がミュージカルに興味があったそうで、
児童ミュージカル劇団?に通うことになったとき、
准くんは興味なかったけど、
日曜日、洋くんの送り迎えがあるからどこにも出かけられないとお母さんに言われたので、
准くんも一緒にやることになったのだとか。


[るんるん]白瀬さん

白瀬さんと洋一郎くんは同期。
仲良しとのこと。

今回も他己紹介。
浜名さんに、とても声が大きく、良い声の持ち主と紹介されていました。

春のめざめの時もイベントでもピアノを披露していた白瀬さん、
今回は冒頭で(客席再入場時に)、
“Love Changes Everything ”を弾いて下さっていました。


中井さんのラウルで転んだ話は白瀬さんの失敗話から、
バンザイの時のカーテンコールで、
その時のエド役の人がいい勢いでつっこんできて、
バンザイ、シェンジ共々支えきれずに倒れ込んでしまったそう。
後のキャスト、みんな笑いをこらえてたって。


共通テーマ:演劇
「アスペクツ オブ ラブ」観劇レポ ブログトップ